2016年07月03日 

「まーたホリカワサイコパスか」と見せかけての波×マスもの。次回予告はマスオ、じゃんけんはチョキ。オープニング変更(佐賀、スイカ、タマメロン)。

”跳んでるおばさん” No.7423 脚本:雪室俊一

サザエがゴム跳びした様が勝手に絵にされ、しかもコンクールで入選しそうになるサスペンス。物語を転がすのがホリカワなので安心の不安不快感であった。最近のワカメはホリカワが絡むと基本迷惑顔だよな。あとおばさんはさすがにひどいし、あの髪型珍しくないのかよ。なんとなく昨今のネット炎上の根源に近い話題をちらつかせつつ、フネで締めていい話風に終わらせる雪室先生の剛腕よ。

”食いしん坊の人々” No.7487 脚本:小林英造

食にまつわる話。実に普通。箸休め的な話であったのだろう。

”マスオマジック” No.7410 脚本:城山昇

マスオの手腕が奇術じみている話。途中のフネのお説教が実に説得力あって良かったな。波平とマスオが二人で散歩、「実の親子みたい」と言われてニッコリ、のシーン、夏コミを騒がすんやろね。