Sazae-san 22/10/2017

雪ムロック、ホリカワに逃げる傾向ないか?次回予告はワカメ、じゃんけんはグー。
”父さんとワカメの日” No.7688 脚本:雪室俊一

波平が失ったワカメの信頼を取り戻そうとする日。新しいパターンのワカ面倒くさいもの。友達の名前とか…そりゃスッと出てこないぜ。たこ焼きをひっくり返すのが上手くて信頼を取り戻すってのはなかなか味わい深いな。それだけにオチの無意味ホリカワが媚びを感じさせた。
”タラちゃんの接客術” No.7679 脚本:城山昇
タラちゃんが誰でもお客さん扱いする話。ただそれだけで話が持ったのは、度々訪れるセールスマンの声が妙に耳に残るからだ。誰?
”マスオ先生執筆中” No.7689 脚本:小林英造
マスオが小説を書こうとする話。漠然としているぜ。賞に出すわけでもなく、イササカ先生に師事するわけでもなく、小説を書くって。あとそれはあらすじじゃない。