サザエさん 2013年3月3日

今回のザエサーはキャラの立ったなかなかの快作。次回予告はカツオ。

”世話がやけるヒト” No.6907 脚本:城山昇

サザエがクズな話。特に雨の中タクシーを拾う→甚六に出会う→送ってもらうとお願いしつつ、ワンメーターギリまでタクシーに乗るってところはジワジワ来た。というかこれに共感するヒトはいるだろうけれどさ、ワンメーターギリまで乗ろうが直ぐ降りようが、別に損得は動かないと思うのだよワシは。

”ひな祭りの人気者” No.6899 脚本:牟田桂子

ひな祭りに乗じてワカメが面倒臭さを発揮する話。しかし期待ほどホリ×ワカ方面は描かれず。ホリカワ君が安心のダメ男ぶりだったのでもう少し時間を割いて欲しかった。着物姿のワカメを前にお雛様をホメてしまうホリカワ君に対し、カツオは焦げたクッキーもちゃんと褒める。これは後者が女扱いの天才なだけであって、小学生男子に男女の機微を読めとは無理難題であろう。

”父さん手作り弁当” No.6920 脚本:雪室俊一

波平が腕と金によりをかけてのり弁を作る話。絶対失敗してフネが閃光のようにフォローするのかと思いきや、金の力で何とかしやがった。花沢の食通ぶりも面白かった。そしてさらに、面と向かって礼をのべるのではなく、会社に電話するというカツオのテクニック!これ本当に舌を巻いたわ。同じお礼なのに、普通に言われるより絶対嬉しい。コイツ本当にどこでこんな小悪魔的技術を見につけたのだ?